3月11日に発生しました東日本大震災で被災された方に心よりお見舞いを申し上げます。

まだまだ、被災地では多くの方が避難生活を送られています。

私たちの街でも相当な揺れがありましたが、被災地で避難生活を送られている方達の健康維持にお役立ていただけることができればと思い、急遽、自宅前で太極拳を使用した「ふくらはぎポンプ運動」の映像を制作しました。
手作りですので、見にくいところがあるかもしれませんが、公開しますので自由にご使用いただければ幸いです。
YouTubeで公開中です。http://www.youtube.com/watch?v=9hUDx1kdrlI

このようなことしか、お役に立てませんが、皆様のご健康を心より心配しています。音楽も全て自作で、著作権等に関しても一切放棄していますので、自由にご使用ください。

避難生活では、この映像を直接見ることが不可能かもしれませんので、避難生活を送られている方達にご連絡が可能な方は、何らかの方法でこの「ふくらはぎポンプ運動」をお伝えいただければ幸いです。

「ふくらはぎポンプ運動」について

避難所での生活が長くなり、長時間座ったままや同じ姿勢でいることが多くなると、下肢の圧迫による下肢の静脈のうつ滞と水分不足による血液粘度の上昇が起こり、これが引き金となって血栓ができて血管壁に付着します。
長時間圧迫されていた足の静脈に付着していた血栓が血管壁からはがれ、静脈流に乗って肺に飛ぶと、肺の血管を詰まらせて急性肺動脈血栓塞栓症となり、脳に移動して血管を閉塞させると脳塞栓、心臓の血管を閉塞させると急性心筋梗塞となりとても危険です。いままで元気でいた人が急死することもあります。
これは、エコノミークラス症候群といわれ、被災地の方の中で発生することが心配されます。
前病症状として足の腫れやむくみ、痛みなどがふくらはぎなどに現れてきますので注意が必要です。
災害時のエコノミークラス症候群の予防には、歩きまわるなどの足の運動を行うことが必要ですが、室内で狭い場所でも効果的にその予防運動を行う方法があります。
今回ご紹介する「ふくらはぎポンプ運動」は太極拳の簡単な技である手揮琵琶を使用した運動ですが、とても効果的に予防運動を行うことができます。
1時間に1回くらい1分ほどで良いと思います。
まず肩幅でリラックスして立ってから、右足を一歩前に出してください。それから、後ろ足に体重をかけて前足のつま先を軽くあげてください。これを太極拳の構えの足の姿勢で虚歩(きょほ)といいます。
今度はそこから、ゆっくりと前足のつま先をおろしていって、後ろ足で床を踏ん張るようにして、後ろ足を伸ばしてみましょう。これを弓歩(きゅうほ)といいます。
前後の体重移動はこの弓歩と虚歩の移動でおこないますが、直線的な移動では、膝を痛めたりスムーズな移動が行えないために、円運動で行います。円運動が行えないうちは、つま先より膝を前に出さないで行ってください。出来るようになったら、気持ちよく出せるところまで出してください。気持ちよく円運動をして出せるところまで出せるようになると、人体の自然な均衡反射で動くようになります。この動きをウェストでなめらかに行うために、後ろ体重の時に両手を後ろへ、前体重に移動しながら同時に両手を前へ下円を描きながら動かします。そして後ろ体重に移動するときは、両手を後ろへ上演を描きながら移動します。これの繰り返しで、足を変えて反対側もやります。
このふくらはぎの筋肉ポンプ運動は、牛の乳搾りに似ていることから『ミルキングアクション(乳しぼり作用)』とも呼ばれています。ふくらはぎから心臓へ血液を送り返すための効果的な運動になります。
心臓は強力なポンプのように全身に血液を送り出していますが、足の静脈の血液を重力に逆らって心臓まで送るのは容易でありません。静脈内には2-5センチメートルおきに弁があり、下から上がってくる血液は通しますが、通り抜けた血液は逆流を防ぐために通さないのです。足まで送られた血液は、足や足裏の筋肉によって心臓まで送り返されます。この虚歩と弓歩の繰り返しで足の筋肉を収縮させることで、筋肉に挟まれた静脈を圧迫し、血液を上へと押し上げるポンプの働きをします。足は第2の心臓といわれるのはそれゆえです。第2の心臓が元気に働くためには適度な運動(刺激)をしたり、足が疲れた時は早めに癒しておく事が大切です。
実際テレビでも実験されていましたが、足のつま先をあげて踏みおろす運動の繰り返しは、下肢の血流を促し、ふくらはぎの静脈や経絡神経リンパを鍛えます。最近話題の下肢静脈瘤の予防や改善のための運動としても医師によって紹介されていました。
音楽に合わせてやるのもいいとおもいます。とても気持ちが良く行えます。
呼吸は前から後ろに行くときに吸って、後ろから前に行くときに吐きますが、呼吸は、逆腹式呼吸を使用します。逆腹式呼吸は、吐くときにおなかを柔らかく力を抜き、吸うときにおなかをへこませます。難しいときは呼吸は意識しなくてもリラックスして行っていれば大丈夫です。
このように、普段あまり気にとめないふくらはぎを効果的にポンプ運動させるのが、この運動です。

(ご注意)健康状態や膝に問題がある方は必ず医師に相談してから行ってください。又、膝などに無理に負担がかからないようにして十分なご注意をお願い致します。

そのほか、避難所での、座っているときは血流が妨げられるので足は組まない方が望ましいです。また、時々、深呼吸も大切です。

コメントを残す