本日の応用クラス『攔捶(らんすい)』

水曜日のこのクラスは、毎回笑いが起こる、女性ばかりで和気あいあい。3年続けている生徒さんは、「最近ますます太極拳が楽しくなってきた!」と言います。そうそう!太極拳は、気持ちいいのはもちろんのこと、自分の中心から外へ、外から中心へといったムチのようにしなやかな動きで周囲と融合して行く感覚がわかってくると、本当に無邪気に遊んでいるような楽しい気持ちになっちゃう動きなんです。この感覚を生徒さんと分かち合えるのは、とっても嬉しいことです。

“本日の応用クラス『攔捶(らんすい)』” の続きを読む

本日の応用クラス

今日の応用クラス、いつも通り、まずは太極拳の基本動作を音楽に合わせて楽しく行いました。動こうと意識するのではなく、リズムに乗って勝手に体が動いちゃう感じです。 “本日の応用クラス” の続きを読む

できれば簡単・太極拳

久しぶりに青葉スポーツセンターで武道クラス練習をしました。
粘らすという動きと、走らすという動きの甩手(すわいしゅ)の基本をしっかりと教わりました。
方向を転換するときの歩法。
防具の胴をつけて、実際に蹴り込む手揮琵琶の用法。上段中段の突きを受けて、前足でカウンターで蹴り込みます。
全員が防具を交互に着けて、実際に体が固定されて蹴り込まれる感覚を体験しました。体が固定されて蹴り込まれると、逃げることもできず、また小さな力でもダメージは強大です。相手の体を固定する方法は、太極拳独特の方法が多くあります。これも小さな力で相手に大きなダメージを与えるための術なんですね。
突きの攻撃の方法も、1・2と二動作で左右打つ方法と、一動作で左右を打つ方法があります。手揮琵琶は一動作で左右突かれた時への素早い対応です。
二動作で左右打たれた時の受けとしては、相手の左の突きを受けて、右の突きを左の雲手で外から内に受けて、その手を相手の目の前に差し出して、同時に右拳で相手の横腹の急所を打つ技を行いました。これは、相手の反射神経を利用して、相手の気を上に上げて、横腹を虚にする方法です。虚になった横腹はダメージに対してとても軟弱です。これも小さな力でも、相手に大きなダメージを与えるための太極拳の技です。

“できれば簡単・太極拳” の続きを読む

本日の太極拳応用クラス〜分脚〜

公園の木かげで蚊取り線香をつけながらの今日の応用クラスは、分脚(ぶんきゃく)をゆっくりと丁寧に行いました。
分脚とは、体の中心に蹴り足を引き寄せてから膝を上げ、膝下を分け開いて相手に蹴り込む技です。
まずはゆっくりと1人で動きを確認した後、実際に相手の右上段突きを左にかわして右足で蹴り込む練習をしました。斜め左に進みながらウェストも左にねじって相手の視界から消え、そして右斜めに蹴り込むという動きは、太極拳の分脚独特の動きです。
相手の攻撃先から消えてしまうのと同時に、相手のお腹の急所や横腹の急所、またもっと相手の横に入りこんで背中に分脚を蹴り込む練習もしました。全て、膝の上がる方向へ真っ直ぐと体重を乗せていくだけですから、最終的に全体重はつま先(前足底)または甲全体に乗ってロスが無く相手に蹴り込まれます。

“本日の太極拳応用クラス〜分脚〜” の続きを読む

本日の太極拳応用クラス

今日の応用クラスは、準備運動後に24式をなるべくゆっくり動いてみました。トウロの型を一通り覚えたので、これからはなるべくゆっくりと、自分の細胞の隅々までも感じながら動く練習です。ゆっくり動けば動くほど、自分の体の力みやクセに気づけますし、気持ちよく身も心もリラックスしているとむしろゆっくり動きたくなってきます。
生徒さんの1人から「こんなにゆっくりだと、先生とずれてまだまだ動きを持て余しちゃいます」と言われました。
そこで今日のレッスンは、技を繰り出すためのつなぎ目、力を凝縮する、技を放ったあとの残心、などを含む動作「過渡式」を重点的に行いました。
相手の攻撃を受け流し、無極を生み出し、それを自分の力に変化させて技を出す。今回は特に、少し下に沈めることで無極を生む「ろうしつようほ」や「雲手」を重点的にやってみました。
すると、とてもゆったりとした動きへと変化が見られました。
「太極拳って、奥深い!」という感想をいただきました。

本日の太極拳基本クラス

よく晴れた強い日差しだったけど、みたけ台公園の木陰は爽やかで、楽しく基本クラスを行いました。今日の型は、高探馬と倒攆猴。
高探馬という型は、ウェストのところをねじるようにしてねじった勢いで打ち出す型です。そこから、足を前へすりだしてそれを地面で止めた時に体に起こる慣性を使用して、掌をミサイルのように発射する、帯穿掌という型も行いました。合わせて高探馬帯穿掌といいます。
次に、お猿さんが後ろに下がっていくような型で、倒攆猴という型を行いました。
これは、高探馬と対比して、ウェストのねじりを体に伝えて体を平面にしてしまうことで、相手の力を流しながら、反対側で相手に打ち込む型です。
ウェストのねじりをどのように体に伝えていくかで、様々な動きができあがっていくことがとても面白いと思います。 “本日の太極拳基本クラス” の続きを読む

本日の太極拳クラス

本日は応用クラス。雲手を中心に練習しました。
雲の手と書くこの太極拳の型は、まるで空の雲をかき分けるように、また雲をわき上がらせるように、こんな感じで練習します。
型の中では左右合わせて7回というのが通常ですが、奇数であれば何回やっても良いのです。
どこまでも雲をかき分けながら、公園を何周もするのも楽しいかも知れませんね。
明日は、太極拳クラスみんな集まって、BBQと合同練習です。 “本日の太極拳クラス” の続きを読む

太極拳の対練・ほう勢から彎弓射虎

仕事や家事の合間の休憩タイムに、太極拳の技の練習をいくつかしました。
中でも特に気持ちよかったのは、彎弓射虎(わんきゅうしゃこ)という技。
先日、ロンドンオリンピックで、アーチェリー女子団体が銅メダルをかけた試合をテレビで見ましたが、あの体をしなやかに使って弓を射る動き、それが彎弓射虎の技になります。
今日先生と練習したものは、『相手に右手首を左手で持たれて引っ張られた時、右足を右斜め前に入りながら右ほう勢し、相手の手を外側から内に龍の勢で巻きつく様に下に落として抜き、彎弓射虎の勢で右裏拳で相手の顔面を打つ』というもの。
右手で弓の本体を持ち、左手で弓を引いて放つ瞬間に、ビョンと弾みで伸びる勢いを使って攻撃しているのです。
リラックスすればするほど、強力な勢いが発せられるし気持ちよくなります。

今日の太極拳練習

午前中の基本クラス練習は、曇りで涼しそうだったので公園で行いました。途中で雨が降ってあずまやで雨宿りしながら、狭い場所でもできる起勢と十字手、収勢を主に練習しました。生徒さんの1人が、「太極拳練習していると、手がビリビリして温かくなるけど、こんなことってありますか?」と言っていました。

“今日の太極拳練習” の続きを読む

8月5日太極拳武道クラス

本日の武道クラス。伏虎手揮(受け身から)、相手の上段進歩錘を転動の勢で背勢に入り、採腿の対錬。蹬脚で相手の膝を踏みつける技。

“8月5日太極拳武道クラス” の続きを読む