2013年 太極拳発表会 スプリングフェスティバル

場所:横浜市青葉区 藤が丘地区センター

“2013年 太極拳発表会 スプリングフェスティバル” の続きを読む

本日の応用クラス『攔捶(らんすい)』

水曜日のこのクラスは、毎回笑いが起こる、女性ばかりで和気あいあい。3年続けている生徒さんは、「最近ますます太極拳が楽しくなってきた!」と言います。そうそう!太極拳は、気持ちいいのはもちろんのこと、自分の中心から外へ、外から中心へといったムチのようにしなやかな動きで周囲と融合して行く感覚がわかってくると、本当に無邪気に遊んでいるような楽しい気持ちになっちゃう動きなんです。この感覚を生徒さんと分かち合えるのは、とっても嬉しいことです。

“本日の応用クラス『攔捶(らんすい)』” の続きを読む

深い眠りを

昨日で3回の夜間クラス体験が終わり、参加されたみなさんからは「このような自分の体をゆっくりと見つめながら動く時間はとても大事だと感じたし、楽しかった」「体の緊張感がだいぶほぐれた」「経絡を感じながら動かすのが興味深かった」など、様々なうれしい感想をいただきました。
この体験会も、残すところ来週の9月20日(木)で終わり、いよいよ10月からは夜間クラスが始まります。

“深い眠りを” の続きを読む

本日の応用クラス

今日の応用クラス、いつも通り、まずは太極拳の基本動作を音楽に合わせて楽しく行いました。動こうと意識するのではなく、リズムに乗って勝手に体が動いちゃう感じです。 “本日の応用クラス” の続きを読む

できれば簡単・太極拳

久しぶりに青葉スポーツセンターで武道クラス練習をしました。
粘らすという動きと、走らすという動きの甩手(すわいしゅ)の基本をしっかりと教わりました。
方向を転換するときの歩法。
防具の胴をつけて、実際に蹴り込む手揮琵琶の用法。上段中段の突きを受けて、前足でカウンターで蹴り込みます。
全員が防具を交互に着けて、実際に体が固定されて蹴り込まれる感覚を体験しました。体が固定されて蹴り込まれると、逃げることもできず、また小さな力でもダメージは強大です。相手の体を固定する方法は、太極拳独特の方法が多くあります。これも小さな力で相手に大きなダメージを与えるための術なんですね。
突きの攻撃の方法も、1・2と二動作で左右打つ方法と、一動作で左右を打つ方法があります。手揮琵琶は一動作で左右突かれた時への素早い対応です。
二動作で左右打たれた時の受けとしては、相手の左の突きを受けて、右の突きを左の雲手で外から内に受けて、その手を相手の目の前に差し出して、同時に右拳で相手の横腹の急所を打つ技を行いました。これは、相手の反射神経を利用して、相手の気を上に上げて、横腹を虚にする方法です。虚になった横腹はダメージに対してとても軟弱です。これも小さな力でも、相手に大きなダメージを与えるための太極拳の技です。

“できれば簡単・太極拳” の続きを読む

本日の太極拳クラス

本日は応用クラス。雲手を中心に練習しました。
雲の手と書くこの太極拳の型は、まるで空の雲をかき分けるように、また雲をわき上がらせるように、こんな感じで練習します。
型の中では左右合わせて7回というのが通常ですが、奇数であれば何回やっても良いのです。
どこまでも雲をかき分けながら、公園を何周もするのも楽しいかも知れませんね。
明日は、太極拳クラスみんな集まって、BBQと合同練習です。 “本日の太極拳クラス” の続きを読む

8月5日太極拳武道クラス

本日の武道クラス。伏虎手揮(受け身から)、相手の上段進歩錘を転動の勢で背勢に入り、採腿の対錬。蹬脚で相手の膝を踏みつける技。

“8月5日太極拳武道クラス” の続きを読む

太極拳基本クラスでした。

今日は太極拳の基本クラスでした。午前中は雨も降らず快適でした。
明日は朝から武道クラスです。どんな技をするのか、楽しみです。
毎朝みたけ台公園で太極拳をやっているので、幸福ホルモンのセロトニンがたっぷり分泌されているようです。雨が降っていても気分は上々です。 “太極拳基本クラスでした。” の続きを読む

力が要らない護身術ワンコインセミナー

太極拳は自然の理を使った武術です。
公園などでよく見る、柔らかく動く楊式の太極拳を使った,簡単な護身術のセミナーを開催します。
講師は、若林政樹(55才・太極拳歴30年)と淳子(37才・太極拳歴7年 日体大卒)です。
子供でも女性でも、ご年配の方でも力を使わない、日常で使える、簡単にできる護身術をご体験ください。

“力が要らない護身術ワンコインセミナー” の続きを読む

自家製レモンジャム

我が家のレモンの木、今年は不作でしたが、その希少な3個を使ってレモンジャムを作りました。
白いワタの部分以外の皮と実を使い、甘みはてんさい糖を使ったので茶色っぽい仕上がり。
レモンの酸っぱさが残った爽やかな甘みのジャムに仕上がりました。

“自家製レモンジャム” の続きを読む